2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログ

㈱高崎組 寿命川作業所のある五條市新町は重要伝統的建造物群保存地区に選定されいる
歴史を感じさせる商家町です。
その町並みを一目見ようと多くの観光客が訪れるこの場所の景観を工事中もできる限り損なわない
様に周辺環境と調和のとれた作業員休憩所を設けました。
新町の自治連合会長さんをはじめ、近隣住民の方々からもお褒めのお言葉を頂き嬉しく思っています。

 
R0014667

 

 

R0014673


2014年12月17日  3:49 PM |カテゴリー: お知らせ,イベント,現場リポート

マルチコプターを使用して当社作業所を試験的に空撮しました。
この技術は人が入って行くことが困難な場所でも容易に状態を確認できるもので活用により
安全性が向上します。(災害現場において活躍しています。)
撮影した動画、静止画の活用方法も多数あります。

 

撮影協力:Aerial(エアリアル)西田氏

 

 

 

 

 

 

DJI00744

 

DJI00707


2014年10月10日  2:48 PM |カテゴリー: お知らせ,出来事,現場リポート

杉清作業所がいよいよ完成に近付いてきました。
台風12号災害により被災していた橋梁の復旧を終え、現在、法面工事と川沿いを走るアクセス道路の災害復旧工事を行っています。
地域の皆様には引続きご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

 

進捗写真

 

 

 


2013年5月17日  5:11 PM |カテゴリー: お知らせ,現場リポート

樋門を築造している紀の川作業所の進捗状況をお知らせします。
地盤改良、ベースとなるコンクリート打設を完了し、現在、可とう継手という部材を組立てています。

まだまだ形は見えてきませんが、かなり大きく、複雑な形状をした構造物なので完成が楽しみです。

 

来週は当作業所にて、近隣小学校の「キラキラタイム(総合的な学習の時間)」で鮎の放流や川についての学習を行います。

 

 

樋門パース・進捗状況


  4:50 PM |カテゴリー: お知らせ,現場リポート

㈱高崎組 蛇穴作業所で工事を進めておりました京奈和自動車道の橋脚工事が完成しました。

当初の工期内に無事故で無事完成できましたのも、地域の皆様方をはじめ、工事に携って頂いた多くの方々のご協力のおかげと大変
感謝しております。

今後とも弊社をよろしくお願い致します。

 


2012年11月24日  5:02 PM |カテゴリー: お知らせ,現場リポート

十津川村杉清地内において新規工事を受注しました。
主な工事内容は、昨年の台風12号災害で被災した道路(橋台・RC橋)の復旧です。

災害復旧に寄与すべく、価格に見合った価値のある仕事を納めたいと考えていますが、
地域の皆様のご理解とご協力が不可欠でありますので何卒よろしくお願い申し上げます。


2012年9月15日  5:09 PM |カテゴリー: 現場リポート

紀の川作業所が進捗率90%を超え、いよいよ完成に近付いてきました。
監督職員、工事係員、協力業者の皆さんお疲れ様です。
残すところあとわずかですが、最後まで気を許すことなく安全第一に努めて下さい。
***********************************************************************************

 

 


  4:55 PM |カテゴリー: 現場リポート

◆蛇穴作業所(京奈和自動車道)
*************************************************************************************************

更新が滞っていましたが、現在橋脚の躯体工事を行っています。
工程も順調に推移し、70%を超えました。
スタッフ、協力業者ともに良いものを造ろうと、暑い中必死で頑張ってくれていました。

 
工期も残すところあとわずかですが、安全最優先で工事を進めて参りますので、ご協力のほどお願い申し上げます。
 


2012年8月29日  11:47 AM |カテゴリー: 現場リポート

◆株式会社高崎組 観音寺北作業所 (奈良県橿原市内)

 

当作業所は近畿地方整備局 奈良国道事務所発注の工事で、京奈和自動車道(大和御所道路)の側道を新設する工事です。
観音寺地区の地元の方々には日頃よりご協力を頂き、大変感謝しております。
工事も中盤にさしかかって参りましたが、今後ともご理解とご協力をお願い致します。
***********************************************************************************************************
作業は現在、地盤改良を実施しています。
周辺に農地が広がっていることから、地盤改良材(セメント系固化材)が飛散して農作物に悪影響を与えないように受注当初から
専用の土質改良機を使用する計画を立てていました。

 
土質改良機は大型でコストが掛かりますが、周辺環境負荷の軽減や品質向上等のメリットも多く、当社と予てから親交のある
西隆組さん(奈良県御所市)の協力を得て、当社直営作業班と共に作業を進めています。
西隆組さんは、この土質改良機を軸に、自走式スクリーンを組み合わせて建設発生土のリサイクルにも取り組んでいます。
そのリサイクル改良土は「グッ土」と言い、奈良県のリサイクル認定商品に位置づけられています。


当社は、今後もこう言った環境配慮型企業と共に事業活動を進めて、付加価値のある工事を行いたいと考えています。

 

【HITACHI Hi-OSS(ハイオス) 建設発生土リサイクルシステム】


2012年7月3日  1:10 PM |カテゴリー: 現場リポート

◆株式会社高崎組 紀の川作業所 (奈良県五條市内)
****************************************************************************************************
軟岩Ⅰ~Ⅱの掘削作業も完了し、いよいよ中硬岩の掘削が本格化してきました。
中硬岩の掘削は騒音・振動に配慮した周辺環境に優しい「スーパービッガー工法」を採用しました。
スーパービッガー工法はクローラドリルで対象岩盤を削孔し、スーパービッガー(油圧式で大型のセリ矢)を挿入、
割岩と言った手順で進めます。(岩盤にあけた孔を内側から油圧の力で押し広げて割って行くものです。)
【施工業者:㈱日本発破技研】

 
この工法は、大型ブレーカーで作業を行った場合と比較して、打撃が無い分、騒音振動を大幅に軽減することができます。
****************************************************************************************************
バックホウのアーム先端に取り付けてある機械がスーパービッガーです。

****************************************************************************************************
クローラドリルで岩盤を削孔しています。

 

****************************************************************************************************
削孔した岩盤にスーパービッガーを挿入し、割岩しています。(岩盤の中でスーパービッガーの先端の矢が広がる仕組み。)

 

****************************************************************************************************
割岩完了後の様子です。(写真ではわかりにくいですが、硬い岩盤に亀裂が入り、見事に割裂していました。)

一見単純な作業に見えますが、オペレーターはスーパービッガーを巧みに操り、岩盤に入る亀裂の方向をコントロールしながら
作業しており、職人技を感じました。


2012年7月2日  6:33 PM |カテゴリー: 現場リポート

Page Top